FC2ブログ

このblogには未成年には相応しくない表現・画像があります。
未成年の方は直ちにコチラから退場してください。
※テキスト・画像・動画の無断転載厳禁※

禁断の体験 エッチな告白集

☆Book mark☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の美魔女系愛淫快楽玩具で貴方も楽しんでみませんか?


50歳代半ば以上のS系紳士と
30歳代後半のチョイM男性の募集です。

他人棒好き妬詈懣(ヤリマン)美魔女の淫豚画像集
※隠し画像も併せてお楽しみください♪
2015 01/13 更新

他人棒の餌食・美魔女系淫母豚/カトウ♀語録:『アイツら、Ryohクンの居ないとこでアタシを輪姦したんだよ。悔しいでしょ?苦しいでしょ?アタシ、ヤリマンって言われたのよ、他人の女をマワスのは最高だぜって、お前も何度もイっただろ?俺たちの方がイイんだろ?って言われたの。。。』綺麗なお姉さんがこうなる日も近い

カトウ♀ 初めてのハプバー
2人の男の3本の指が・・・①

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『あたしのアソコがどうなってるか言って。お前のおマンコ、ぐちょぐちょだぞって。おねがぁ~いっ!厭らしいコトバで犯してぇ~っ!』

私と彼女の愛し合う姿をビデオとデジカメで
撮影して貰うと言うことで彼女の了解をとります。

淫姦カトウ♀01

私の誘導に従って彼女との3Pを楽しんで頂きながら
愛淫玩具を嬲り倒してみませんか?

他人汁愛飲豚カトウ

彼女が如何に何の価値もなく人間廃業すべきかを
単なる精液処理専用便所でしかないということを
自覚させてやってください。

美魔女・淫豚・他人棒:好色美魔女亭主眼前輪姦之宴
【私の愛おしいこの淫豚を
あなたの極太淫辱棒で
嬲りまくってください】

他人汁愛飲豚カトウ

場合によっては嬲られるカトウを観賞しながら
自慰行為にて射精して頂ける方数名も募集するかも(^^;です。
勿論、放出して頂く白濁粘精液はカトウの
お口の中や美しい顔、場合によっては糞穴や淫穴に
ぶちまけてやってください。

美魔女淫豚カトウ

今夜はたっぷりと恥辱し、自分がどれほどの淫豚なのか
公衆便所と呼ばれるような豚なのか
気取ったヤリマンなのかを、カトウ自身に知らしめたい気分だった。


淫豚カトウ美魔女

日時・場所などの詳細はまだ決めていませんが
我こそは…という方はコチラまで☆彡

カトウ美魔女淫豚

ドアの向こうの光景
四つん這いになったカトウ
白く妖しい肌
親父の極太が後ろから突き刺さっている
私と視線を交わしながら快楽を貪るカトウ
息子の包茎棒を咥えた唇から白濁粘液が垂れ出す
こんなに綺麗な人が旦那の目の前で
何て素晴らしいんだ
この雌豚め!などとカトウを罵り喜ばせる言葉を吐き続けていた親父が
不意に…あーっ、うっ!

ヤリマン美魔女他人棒

その声に合わせるようにカトウも親父に掴まれている腰を自らグラインドさせ
M系のモノを咥え込んだまま
美しい唇の周りを初対面の男のザーメン塗れにして
こもりながらも大きな声を上げ
私の瞳を覗きこんだまま
頂点を迎えたカトウ
親父の黄ばんだ精子達はカトウの太股をつたって垂れ出して来る
中に・・・出されちゃった

キモチ良かった、ご免なさい
イキました、もう失神しそう。。。とカトウ

淫豚嬲り

僕が恥棒を根元まで押し込みながら淫穴に中指を入れGスポを刺激した時に
カトウのフォグゥ~と言う声が完全にその場に響いてしまったのだ。

男たちは水を流し、手洗いをしながら何やらヒソヒソ話し出した。
カトウは自分の声が発端となったことを悔やみ、恥しがり、恐れていた。

扉の開く音がし、足音が響き、閉まる音がした。

カトウはきっとホッとしたに違いない。
でも、僕は気付いていた。誰かの気配に。

僕はカトウに囁いた。
きっと聞こえたぜ、ヤってるのバレちゃったね。

彼女は片手で身体を支え、押し込まれた下着を口から吐き出すと、
早く済ませて…と、まるでホントに犯されている女の様な口をきいた。

その言葉に僕の腰はさっきまでよりも
早く、激しく、強く動き出し、詰め物を取られた彼女の口からは
ぁあはぁ~ん、と言う完璧な声が洩れた。

誰でもいいから突っ込んで

その瞬間、個室のドアを開けようとするガチャガチャガチャと言う音が
便所中に響き渡り、カトウは小さく誰?どうして?怖いよぉと囁いた。
僕の淫棒は更に膨らみ硬直し、突き進んでいった。

彼らは囁くようにやっぱヤってるよとか、
どうする?とか覗いて見ようぜとか言っている。

一発抜いたら開けてやるから待ってろよ!と
冷静な声が僕から発せられた。

その瞬間、彼らは何を思ったのかスミマセンでした、と言い、去ってしまった。

カトウはもうやめてと懇願しだした。
僕はダメだ!綺麗な顔して気取ってると
どんな目に合うか教えてやるからな!と強い口調で言い
カトウを犯した。
その言葉と先ほどまでのリアルな緊張、恐怖が彼女を興奮させ
あぁぁぁ~っ!イクっ!と大きな声を上げさせたのだと思う。

僕は淫棒を抜き出し、そのまま個室の壁に射精すると
カトウはダメよ、中に出して欲しかったと言いながら
振り向き、残った白濁液を舌を絡めながら淫棒を咥え、吸い取っていった。

あたしの穴にザーメンぶちまけて

私を嫉妬させる為に目の前で見知らぬ男と楽しむ美魔女系淫豚①
私を嫉妬させる為に目の前で見知らぬ男と楽しむ美魔女系淫豚②
私を嫉妬させる為に目の前で見知らぬ男と楽しむ美魔女系淫豚③

身支度を整え、何も無かったかのように外へ出る。
終電間際の雑踏の中でカトウは聞いた。
ねぇ、さっきホントに怖かったの。
あの人たちが(ドア)開けてたらどうするつもりだったの?

俺が済んでから順番にやらせてやったさ。
折角あいつらにもそう言ってやったのにいなくなっちゃったね。

・・・ホントに?そんなことさせた?

たぶんね。

もし、もし・・・そうなってもキライにならないで。

ならないよ。

もし、そうなってあたしが感じてもキライにならないで。

お前、あのまま本当にヤラれてたら感じてただろ?

・・・わからないけど・・・きっと・・・感じると思う・・・。
その言葉を聞いた僕は、カトウを本当に愛し始めた。

taninnbounoejiki

神輿男衆に嬲られ輪姦された夜の音声アプリを復元
※フレンドさまのみ(^^;

他人棒の餌食・美魔女系淫母豚/カトウ♀語録:『あたし、あーゆー男、大っ嫌いなのに…指が上手で…キモチ良くなって…そしたら自分から舌絡めてキスして、根元まで太いのしゃぶって、生で入れてもらっちゃったの。何度もイッた、イカせて貰ったのよ。。。』
140319r

しゃぶれ!そう命じてから僕はUに電話をかけた。
今、彼女の部屋でこれから一発ヤルんですけど、
電話で参加しませんか?そう言うと
カトウは咥えていたモノから離れ何か言おうとしたので
髪を乱暴に掴み、お前は黙って咥えてろ!と叱責した。
Uは興奮を抑え切れず、電話の向こうで何かボソボソ言っていた。

ほら、さっきまで一緒にお茶してたUさんだ、
お礼にお前がしゃぶってる音を聞かせてやれ!

最初は四つん這いになって咥えさせられたまま
フォガフォガ言うことしか出来なかったカトウも
僕の掌が彼女の尻を叩き始めると
ピチャピチャと下品な音を立て始める。
ほら、もっと下品にしゃぶれ!
もっとUさんにチンコ咥えてる音を聞いてもらえ!

他人棒の餌食・美魔女系淫豚/カトウ♀語録:『あたしの汚れたパンティーお口に押し込んで…激しく突いてっ!もっと、もっと激しく突っ込んでぇ~』美魔女系淫豚カトウ

カトウの眉間の皺が一際深くなって来たので
僕は仰向けにしたカトウの両足首を掴み大きく広げた。
イヤ、やめてー!とカトウ。
今度ははしたないマンコの音も聞かせてやれ!
さっき駅のホームでマンコ悪戯されたから
グッチョングッチョンなんだろ!
パンティーをこんなに汚してはしたない女だ!
Uさんにマンコの音聞かせるぞ!

罵り続ける僕にカトウはこう叫んで抵抗した。

お願い!早く突っ込んで!・・・ハメて!ハメてぇ~!

他人棒の餌食・美魔女系淫母/カトウ♀語録:『あたし、この人とだったらヤレるよ、股開いてあたしの穴を貸してあげればいいんでしょ』kt140319e


その言葉はUに聞かせるため、そして僕を嫉妬させるために発せられた。

僕はカトウの両足首を離し、両手で力任せにパンティーを引きちぎり
まるで本当にレイプするかのように激しくペニスを突っ込んでやった。

カトウは悦びと苦悶に満ちた声をあげ、
僕は乱暴に荒々しく、乳房を引っ叩き、乳首を抓り
腰をグラインドさせ、カトウの耳に携帯を当てた。

そして汗と体液でヌルヌルになった2人が一緒に果てたその瞬間
電話の向こうでUは厭らしい声でこう言った。
あんな美人がいい声だして鳴きますなぁ。
2回も射精させてもらいましたよ。

僕は最高でしょ?この女。コイツは僕を愛してるんです。
だから誰とでもヤリますよ。じゃぁ、また。と電話を切った。

他人棒の餌食・美魔女系淫母豚/カトウ♀語録:『あぁ~、タバコ吸いながらするセックスって…最高に厭らしいね。もっと、もっと突いて!』
あたしの穴にとっとと出しな 

もっとRyohくんを良くしたい、キモチ良くなって欲しいの。

そう言うと傍にあったタオルで僕の両目を覆い隠し
官能的な溜息を洩らしながら
舌と唇で僕の乳首を愛撫し始めた。

取っちゃだめよ、取らないでね。

ねぇ、想像して。
Ryohくんがぐっすり眠ってる隣で、こんな音が聞こえてきたら…、
耐えられる?ねぇ、聞いててね。

そしてフェラチオの音を聞かせ始めた。

ホラ、こんなになっちゃって恥しいね。ボク。
何を想像してるの?お姉さんと厭らしい事したいの?
お姉さんのおマンコ舐めたりいじったりしたい?
この恥しいおチンコ入れたいの?

そして彼女は僕をいたぶり始め、僕は為されるがままにしていた。

カポッ、クチュ、ブズップ、チュパ、ピチャ、
ンゴァ、ンファゴ、チュピッ、シュルッチュ、ンガフォ、ん~んぁあぁ~、と

最上級の舌使いと音が僕の耳から脳へ、そして全身を刺激した。

カトウは素晴らしく淫靡な吐息と官能的なフェラチオで、
そこにいない筈の誰かを存在させ、僕を嫉妬させ、興奮させた。

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『あたし酔うと…ヤリたくなっちゃうの。今、して!ここで。指でおマンコ掻き回して。早く突っ込んでぇ~』
根元までしゃぶれっ!この雌豚がっ!

カポッ、ジュブジュルッ…ジュパッ、チュプッ、ジュルッ、ンモフォゴッ…
カトウは舌をペニスに絡みつくようにしながら、唾液と一緒に何度も吸い上げた。
その下品で美しい音は、もう我慢出来ないと言うサインを
僕の粗末なモノに出させるほどだった。

恥しいのが…何か出てきたよ。恥しいボクだね。
どうしたいのか言ってごらん。
お姉さんの彼が隣で眠ってるのよ。
見つかったら…。どうするのぉ?
それでもしたいのぉ?

カトウの少し鼻にかかった囁き声は僕を陶酔させた。

オマンコに、お姉さんの汚れたおマンコにぶち込みたいって言いなさい。

柔らかくそして絶対的なその声と言葉に僕は圧倒され、

お姉さんの汚れて臭いおマンコにぶち込ませてください。と叫んでやった。

ぁあぁぁ、と少し声を上げたお姉さんは
僕の上に跨り、はちきれそうになったモノを淫唇で咥えこませた。
僕の両手をとり、自分の乳房を揉ませ、腰をグルグルと回転させ、
時折、前後に激しく擦りつけながら、僕を犯し始めた。

他人棒の餌食・美魔女系淫豚/カトウ♀語録:『まわされて、どこに出されるの?顔?中?おマンコの中?お口の中?体中?大勢の男にぶっ掛けられて、汚される私を見せてあげる!輪姦してっ!お願いっ!Ryohクンの目の前で、まわしてぇ~!』
淫豚
◆他人棒マニア・寝取らせフェチにお薦め(笑)◆
★美魔女系淫豚:輪姦温泉他人棒ツアー(笑)はコチラ↓★
★美魔女系淫豚:カトウが欲しがる他人棒 / 初・寝取らせ温泉旅行編★
晒し淫豚:カトウとの妄想プレイ
他人棒にヤラれたがる淫豚@某温泉①はココ
他人棒にヤラれたがる淫豚@某温泉②はココ
他人棒にヤラれたがる淫豚@某温泉③はココ
他人棒にヤラれたがる淫豚@某温泉④はココ
他人棒にヤラれたがる淫豚@某温泉⑤はココ
★淫豚輪姦温泉ツアー最終章Part1★はココ
★美魔女系淫豚輪姦温泉ツアー最終章Part2★はココ
他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『あたし、あいつらでイッたの。何度も何度も、失神するまで…苦しい?くやしい?あたしキモチ良くなって、自分から腰使ったよ、何人の男とやったかも思えてないけど。。。最高に良かった。悔しいでしょ?苦しいでしょ?あたしの穴であいつら、楽しんだの、ねぇ、その穴、舐められる?舐めて、舐めてよ』140319b140319d

彼がお隣で眠ってるから声…出しちゃ…ダメよぉぉん、
あっ!あぁぁ~っ!うふっ、起きちゃったかもね。

そう言って僕の好みの苦痛と快楽を同時に与え続けるカトウ。

もうコレ取っていいよ。そう言ってタオルを捲り、僕を見つめる綺麗なお姉さん。

そして傍らに用意したタバコに火をつけ、大きく吸い込み、
煙を僕に向かって吐き出しながらこう言う。

ねぇ、ちっともキモチ良くならないよ。
もっと頑張らなきゃ、ダメよ。お姉さんのおマンコを良くして御覧なさい。

僕はお姉さんの腰をキツク掴み、激しく腰を動かし始めた。

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『あたしが他の男でイクところ見てられる?ちゃんと見ててよ。いっぱいキモチ良くしてもらうし、あたしもキモチ良くしてあげちゃうから、Ryohクンにはしたことないこと、しちゃうかも』お願い、早く突っ込んで、彼が見てるとこで。。。

カトウは時折、眉間に厭らしい皺を作りながらも、
全然キモチ良くないわ、と言ってタバコを吸い続ける。

遂に僕の欲情と憎しみが一体となって
彼女を犯し始めた。

彼女の髪と乳房を乱暴に掴み、
無言で下から上へと衝き動く僕の怒淫棒は激しさを増し、
お姉さんに声を上げさせ始めた。

あーっ!キモチ良くない!全然キモチ良くないわ。
もっと突っ込みなさい!もっと、もっと突っ込んで
彼が起きても構わないから、お姉さんと一緒にイって!
全部出してぇ~っ!うっ!あっ!ぁあぁぁぁ~っ!
イ、イ、イクぅ~っ!出して!おマンコに出してぇ~っ!

お姉さんは僕の上に倒れこみ
大きく、うぅ~ぁあぁ~ん、と声を洩らし
身震いをさせ、官能の頂上から僕を見下していた。

そして、数秒後には
あの少し鼻にかかった甘えた声で
ん~、凄かったぁ、キスしてぇ~、とせがんできた。

その姿は、いつもの美しいカトウだった。

他人棒の餌食・美魔女系淫母豚/カトウ♀語録:『初めて会った男にさぁ、あたしに何させたいの?どんなコトされたら…したら嫉妬する?』
inton0808

13時位にカトウの部屋に着き、近所の蕎麦屋へ食事に出かける。
呑みすぎで頭が痛いから横になると言うと
ベッドの用意をしてくれたかと思うと
ヤツも半裸状態で隣に滑り込んできた。
女のくせに生唾を何度も飲み込み
少し汗ばんだ手を僕の股間に近づけ
早くもヤリマンモード全開。
昨日は焦らしに焦らしてやろうと
全く無反応でキスにも応えてやらず
本当にそのまま1時間ほど眠ってしまった。

雷の轟音で目が覚めるとカトウもウトウトしていた。
ここぞとばかりに唇に舌を捻じ込み
乳首を擽るように弄んでやると
湿った溜息と鼻にかかった甘えたような声で
応えるヤリマンブタ。
ベッドにM字開脚させ
明るいからイヤと言う言葉を無視して
パックリ割れたアワビを大きく広げ
舌と指だけでイクまで懲らしめてやった。

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『あたしのおマンコ、キモチいい?ねぇ、言って、お前のマンコ最高だって、言ってよぉ~』blog_import_508151b0a4e59.jpg

ねぇ、お姉さんのおマンコに突っ込みたいの?
たっぷりザーメン出していいのよ。
出したいんでしょ、私のマンコで。

僕はその言葉を封じ込めるかのように
黒光りしている嫉妬の塊を
カトウの唇に押し込んでやった。

唾液の纏わり着いた舌が卑猥な音をたて
時折、吸い付く唇は淫らに蠢く生き物のようだった。

たっぷりぶっ掛けて!

その言葉は、嫉妬するペニスを開放したカトウの唇から発せられた。

僕は無言でカトウの愛淫蜜に埋もれるようにして
淫穴に突き進んだ。

あっ、あぁぁぁ~っ!ダメ!また、またイクぅぅぅ~っ!

稲光と雷鳴がいつもとは違う淫靡な世界を演出してくれた。
カトウが3回か4回イって
もうお休みさせてと僕に言ったとき
僕の淫棒は肉便器は黙れ!と言わんばかりに
激しく激しくピストンし
激情の熱い粘液をカトウの白い肌目掛けて放出した。

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『彼が隣で寝てるのにぃ。。。そんなに激しく舐められたら…声が出ちゃうぅぅーっ!おマンコ、キモチいいーっ!』kt140319a
140319c

「ダメ!ね?先にシャワーしよっ。」と悪戯っぽく微笑む。
僕はその言葉を無視し、彼女が本当に仕組んでいる通りの行動に出た。

両足首を痛いほどの力で掴み、大きく広げ、
淫蜜の匂いが漂う方へと顔を近づけ、小さな布切れの上に
少し乱暴に舌を這わせる。

「イや!ダメだってばぁ~あぁぁん、ぅうっ!」

右手の中指が、微かにシミが浮かび上がった部分を
素早く滑るように回転しながら柔らかな刺激と快感を与え、
彼女の溜息に快楽と懇願が混ざり込む様に愛撫する。

カトウの溜息が僕の首筋の辺りに届く頃には
彼女の拒絶は欲求へと変わりつつあった。
が、僕が太腿の脇から小さな布切れを捲り揚げ、指を中へ滑らせようとした時、
彼女はもう一度、自分の快楽をより良い感度へと上げる為に
本気で力強く拒絶を始めた。

「もう、本当にダメだから!しないよ!シャワーしてか…」

僕は言葉を発せられなくなるほどの勢いで
無理やり、粗末な淫棒を捻じ込んでやった。

「イッ、いやぁ~、そんな風に…お願いっ!やめて!」

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『バックが好きなのぉ~、真っ暗なお部屋で、後ろから突っ込んでぇ~。あぁ~犯されてるみたいぃ~っ!キモチいいぃぃぃ~』blog_import_508151ae048ae.jpg

淫蜜が溢れ、2人が好む音が控えめに部屋に響く。
その音は淫らで堕落した快楽と興奮を与えるものだった。

「お願い!こんな風にしないで!やだ!やだってばぁ~ぁあぁ~ん」

ソファーに押し倒され、服を着たまま、両足を広げられた美しくも淫靡なカトウの
拒絶も抵抗も虚しく、僕は無言で根元まで一気に突き刺した。

激しく、さらに激しく、自分の女をレイプした。犯した。

「あぁぁ~、イヤっ!こんなのイヤっ!ヤッ、やめてぇ~ぁあぁぁぁ~っ!」

カトウのその声と表情は、僕の粗末で哀れなペニスを
獲物を飲み込んだ後の蛇のように太く膨れ上がらせた。

そして一瞬息を止め、白く美しい首筋に青い血管を浮き上がらせた彼女は
「ぅうぅぅっぅうぅ~っ!イっ、イヤぁぁぁ~っ!」と
自らの快感を締めくくる雄叫びにも似た声を上げると、
淫靡な麻酔を打たれたかの様に動かなくなった。

僕は自分の使命を果たすため、もはや反応さえしなくなったカトウを
強く、激しく、突きあげ、掻き回した。

静かに覚醒したカトウは虚ろな眼で、軽蔑と賞賛を込めて僕に言った。

「早く、済ませて…」

他人棒の餌食・美魔女系淫母豚/カトウ♀語録:『ねぇ、まだ、ダメよ。抜かないでぇ~。ハメっぱなしにしといてぇ~、全部射精しても突っ込んだままにしといてぇ~』kt-fera1

その言葉は僕に輝きを与え、みすぼらしい下半身への賛辞となって
動きに速さと一層の激しさが増してきた。
その動きに併せてまるで捨てられた人形のようにカトウの身体は揺れ、
僕に最後の一突きを嗾けてきた。

白濁しネットリとしたモノが彼女の黒い服に吐き出され
素晴らしいコントラストで僕の眼に飛び込んできた。

愛する男に犯されたカトウは、
いつもの様にそれを指で唇に運び
味わいながら、深い溜息をついた。

カトウ自らが望み、仕組み、味わったモノを反芻するかのように。

それは僕が本気でカトウを犯すことによってのみ成就される
彼女の願望の塊だった。

そしてその願いは叶った。

他人棒の餌食・美魔女系愛淫玩具/カトウ♀語録:『ねぇ、1本じゃ足りないの。いっぱい頂戴。。。お口とおマンコに一度に欲しいのぉ~』kt-fera2

私が仕事部屋で資料を作っていると
カトウが引き戸の隙間から顔だけをだして私を呼ぶ。
「Ryohクン…ちょっと…ちょっと…来て」

私が仕事部屋を出ずに「なに?」と応えると
「ご…ごめんね…私のクローゼットから…あっ!」

様子がおかしい事に気づき
和室に繋がる引き戸を開けようとすると…

「ダメ!あ、開けない…で、見ない…で」と

瞳を潤ませたカトウが懇願する。

私は鼓動の高鳴りを感じながら引き戸を開ける…

すると見た事のない若い男がカトウを後ろから犯している。

カトウは私を見上げ

「だから見ないでって言ったのに…」と

性悪女の様に唇を歪め、鼻でフンと笑い

バックで突っ込まれたまま「タバコ頂戴」と命じる。

火をつけたタバコをカトウの美しい指に挟ませると

一口深く吸った煙を私の顔に向けて吐き出し

「この人の…すっごい。Ryohクンのより太くて硬いの…
あたしたちがさっきからずっとヤッてたの気付かなかった?
何回もイ…イかせてもらっちゃったぁ~」と

眉間に皺を寄せ快楽を貪るカトウ。。。

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『あたしとヤリたいんでしょ?彼が見てるとこで。ヤラセろって言いなさいよ!無理矢理犯してっ!勝ってに出してぇ~。ぶっかけてっ!』
大声で〝ハメてぇ~〟と他人棒にねだる淫豚


どうかこの哀れな公衆“メス豚バカ女”便所を恥辱してやって下さい。?
と投稿したところ次のようなコメント頂きました。

◇◇◇◇◇◇◇

エロくて素晴らしい身体してますね。
-------------
良いですね。
-------------
エロエロビーム炸裂ですね!
-------------
素敵な人妻さんですね、もっと見たいです。
-------------
綺麗な顔に似合わずエロいマンコしてますね。
もっと辱めてやりたいから痴態を見せてください。
-------------
他人妻を週末にハメまくりなんて!
次はいつお会いするのかな?こっちも楽しみです。
-------------
おいらにも貸して欲しいです
-------------
このオマンコで何本のチンポ処理したんでしょうね~~
-------------
たまらないおまんこですね~。
-------------
なかなかの美人ですな。オイラもお相手したいです。
-------------
バックアングルの閉じた太ももでも見えるマンコが本当そそります^^
-------------
しっかり恥辱してあげたんですね、この後の痴態も拝見させてください・・・
-------------
公衆便所にしていただきたいですね。
-------------
笑顔で恥ずかし淫らな欲望を隠す淫乱人妻エロイですね!
これからドンドン投稿して晒してください!m(__)m
-------------
お~、色白の美人じゃないですか~。
しかし、メス豚ですからハードな調教が必要ですよね~。

全く持って幸せ、そして嬉しい限りです。

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『あぁ~、もう限界っ!もう我慢できないっ!今、欲しいの。早く、早く入れてっ!乱暴に突っ込んで』
4p

また彼を呼び、彼に聞いてもらうために、彼女にこう言わせた。

『私は淫乱なメス豚です。
私のだらしなくパックリ割れたおマンコにぶち込んで
私を犯してください。お願いします。』

彼はその言葉をニヤニヤ笑いながら聞き流し、
『もう一度、お願いしてみてごらん』と冷めた口調で言った。

私の綺麗なお姉さんは泣き出しそうな、叫びにも似た声で
『お願いっ!犯して!彼の目の前で私を…お願いぃぃぃっ!犯してぇ~っ!』
と言った。

『いいよぉ、犯してあげよう!』彼はそう言って、両足に自分の腕を掛け、
激しく突っ込んだ!

『おねがいぃ~、彼の前で犯してぇ~っ!犯してぇ~っ!』

『ほら、俺のも咥えろ!俺のを咥えながら彼に犯されてイケ!イキ捲くれ!』

彼女は咽て咳き込みながらも快楽を貪り続けた。

『あーぁっ!あーぁっ!オマンコがいいぃぃぃ~!気持ちいいぃぃぃ~!
許してぇ~!こ、この人でイッちゃうぅぅぅ~!あーぁっ!
許してぇ~!イッ、イクぅぅぅ~っ!』

その直後に僕の嫉妬は、彼女への歪んだ愛に生まれ変わった!

他人棒の餌食・美魔女系淫母豚/カトウ♀語録:『Ryohクンが、ぐっすり眠っているとなりで、同じベッドで、他の男とヤッてもいい?どんなにキモチ良くても声出さないようにするから。。。あたしをこんな淫乱にしたのはRyouクンなんだから・・・苦しめてあげる。。。』淫尻カトウ

北関東の地方都市(村か?)での大ハプニングはコチラ↓
神輿男衆に後ろから・・・①
神輿男衆に後ろから・・・②
神輿男衆に後ろから・・・③
神輿男衆に後ろから・・・④
神輿男衆に後ろから・・・⑤
他人棒の餌食・美魔女系淫豚/カトウ♀語録:『あたしが欲しがったら…順番にしゃぶりながら、順番に突っ込まれて…おっきいおチンチンで串刺しにされたのぉぉぉ~っ!何度も何度も射精された、中にも、おなかの上にも、背中にも、お口にも、顔にもザーメンぶちまけられたのぉぉぉ~っ!あぁ~ぁっ!思い出しただけでイクっ!Ryohクンのより凄かったの。キモチ良くしてもらったの、知らない4人の男たちにぃ~っ!』

140316b

湿った吐息と呻き声と唾液と肉棒、或いは襞が醸し出す淫靡な音は
僕の鼓動を早め嫉妬心を燃え滾らせた。

2人の体は絡み合い、いつしかカトウと松本は上下入れ替わるようにして
お互いの淫器を舐めあっていた。

『ぁあ~、もうダメぇ~ちょうだぁい』とカトウの籠った声がする。
松本は無言で体の向きを変え、『綺麗だよ、紗紀子』そう言って
《愛し合う2人》の様なキスをカトウと交わし、その最中にゆっくりと挿入し始めた。

『ぁっ、んっ、あっぁあぁ~っ』
恐らくは歪形他人棒が根元まで突き刺さったのだろう。
カトウは声ではなく背徳と快楽の音を発し、松本に両腕でしがみつき
彼の背中を弄り始めた。

正常位でゆっくりと腰を動かす松本に合わせ、カトウも腰をグラインドさせている。
見つめ合い、キスを交わし、指を絡めて…

暗闇でのこの素晴らしい光景はこれまでに出会ったことのないものだった。

カトウは完全に涙を流しながら僕を見つめ
『ぅうっ、キモチいい。ホントに、ぁあ~、最高。凄くステキ』と松本を褒め称えた。
『また、あたしイクよ、まだ出さないでね、イッパイしてぇ~ぁあ~イクぅぅぅ~』
カトウは僕にするように、いやそれ以上に松本にしがみつき、失神寸前の様な状態で
あの性悪女の様な唇を歪めた笑いを浮かべて僕を見つめ、
『イッた、あたし…』と言って眼を閉じた。
この時の嫉妬と感動がお分かりいただけるだろうか?

他人棒の餌食・美魔女系淫豚/カトウ♀語録:『あたし、Ryohクンが見ててくれたら誰とでもヤレるって言ったじゃない?Ryohクンが見てないとこでもヤレちゃうんだなって、自分で悪い女だなって思っちゃった、ごめんね💓』kt140316d

カトウは布団のシーツを鷲掴みにしたまま
松本に体の向きを変えさせられ
私と向かい合わせになった。

松本が静かに言う『ほら、見せてあげたら、俺のがどんなにいいか、見せてあげなよ』

カトウは再び完全に泣きはじめた。
『ぁあ~、凄いっ!太くて、ゴツゴツしてて…いいトコにあたるぅ~』
『おマンコとろけちゃうぅ~、キモチいいよぉ~』
『この子のセックス、最高』
『もっと、もっと突いてぇ~』

そしてカトウの腰をしっかりと掴み、
溜めていたモノをブチまけようと松本の息遣いと腰の動きが
強さと速さを増してくるとカトウは松本に言った。

『ね、ねぇ。他人の女を眼の前でヤルのってどんな気分?
あたしのおマンコ、キモチいい?』
『あ、あぁ、紗紀子の体は最高だよ、毎晩ヤリたいくらいだよ』
『毎晩、し、しちゃおっかぁ、あぁぁ~キモチいいぃぃぃ~』
『ダメだよ、まだ…イっちゃ、ダメだよ』
『ぅっ、うん、一緒に…ね』
『あぁ、紗紀子、大好きだよ』
『あたしも、好きよ、キスして』

松本はバックで突きながらカトウを振り向かせ私に見えるように
舌を絡め、唇を吸い、カトウの口の中へ唾液を垂らした。

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『あいつらにもさせられたよ、お祭りの夜…何本も咥えた。。。咥えて出されたの、たっぷり…あのろくでなしどもにヤラれたの。ぅうん、ヤッたの。あのクズたちと、一晩中。。。突っ込まれてしゃぶらされて、咥えさせられて、捻じ込まれてザーメン、出された、ぶっかけられたよ、体中に。。。』sk1300827b.gif

『イクよ、紗紀子、どこに出して欲しい?』
『どっ、どこに出したい?』
カトウは睨みつけるように私と視線を交わす。

『顔にかけても良い?』
『それは…また、今度ね、今日は…あっ、ぅう~ん、』
そして強烈な眼力で私を圧倒するように言い放った。
『おっ、おマンコに出してっ!ねぇ、中出ししてぇ~』

私の愛する美しいカトウが
初対面の年下の男に〝中出し〟等と言うコトバを使い、懇願する姿。

鮮烈なコトバに激しい嫉妬と惨めさを同時に感じ
私の粗末棒も張り裂けそうになったその時…

年下の初対面男の歪形巨淫棒に激しく突かれている愛する女と
松本がほぼ同時に、強烈な音を発した。

『紗紀子、紗紀子、イクよ』
『あたしも…あっ、あっ、いっ、いぃ~、イクぅぅぅ~っ!』

カトウはそのままうつ伏せに倒れ、その上にゆっくりと腰を動かす松本が重なった。

『うっ、あっ!ぅおぉ~っ!あっ!あぁ~』
松本は私の愛する女の中に何の遠慮もなく、若い白濁淫液を放出した。


他人棒の餌食・美魔女系淫豚/カトウ♀語録:『他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『彼の目の前で犯してぇ~、みんなで楽しんで、まわして。あたしのおマンコで楽しんでぇ~っ!あぁ~おマンコ、とろけちゃうぅ~っ!』kt140316c

トウの体はピクピク痙攣していた。
髪をかき上げながら顔を起し私と視線を重ねると
『まだ、抜かないでね、中にいて…』
松本の右手が
汗と唾液と淫汁と精子塗れになった布団と
カトウの間に腰のあたりから侵入し
淫鮑の最も感度の良い突起物を刺激したのだろう。

カトウは涙を流しながら私と見つめ合い
『あっ!ダ、ダメぇ~、またイクぅ~、ぁあ~っキモチいぃいぃぃぃ~っ!』
壮絶なファックとメイクラブが幾重にも重なった背徳の行為の最後を迎え受け入れた。

私は何も考える事も出来ず
呆然と2人を見降ろしていた。

コトバを発したのはカトウだった。
『あ、ちょっと、重たい…ぅふ、ごめんね』
松本は『あ、スミマセン』と言って立ち上がろうとした。
カトウはその手をとって無言で座る様、促し、胡坐をかいた松本の股間に
顔を埋めようと一言だけ発した『キレイにしてあげる』
音にならない音を立て松本の歪形巨淫棒に奉仕する愛する女。
そのカトウの美しい黒髪を撫でる松本。

遂に私は居た堪れなくなり
カトウの尻に手を伸ばした。
カトウは私のその手を静かに拒絶し
松本のモノを咥えたまま、籠った声で言った。
『邪魔しないで』

私は狂いそうになった。

他人棒の餌食・美魔女系淫母/カトウ♀語録:『あたしがヤラれるのが見たい?それとも…あたしが他の男とヤルのを見たい?あたしとヤリたいんでしょ?突っ込みたいんでしょ?あたしの穴に。。。』
20130307_01

輝かしく堕落した愛淫豚:美魔女カトウ
《 或る夜の他人棒の宴↓ 》
嫉妬マニアは…
他人棒の餌食・美魔女系淫豚/カトウ♀語録:『昨日ね、黒人の2人連れにナンパされたの。何にもなかったと思う?電話繋がらなかったでしょ?何してたと思う?あたしをナンパした2人が友達も呼んであたしに何したか想像して。。。』BBCa


ほどなくカトウは後始末フェラを終え
咥えタバコで私を見据えて言った。
『苦しいでしょ?それでもまだ、他の誰かとヤラせたい?』
そう言って唇を歪めて微笑んだ。

『あぁ、ヤラせたいよ』

カトウは諦めたように力なく微笑んだ。

他人棒の餌食・美魔女系淫母豚/カトウ♀語録:『あたし、あいつに雌豚!って言われたのよ。もっとまた開けよ、ヤリマンって言われて…言われたとおりにしたの。。。濡れちゃったの、ごめんなさい…』もっと股を開け!このメス豚がぁ~っ!

カトウと昨夜楽しんだ2人の男衆がフラフラとエレベーターに向かっていた。
とっさに私は身を隠したが、何故隠れたのかも分からない。
自分の携帯を手に、廊下でカトウにかけ続ける。
微かに着信音が聞こえる。。。私のいた部屋の向かいの部屋だ。
私の愛する女はそんな近くにいたのだ。
そんな近くで初対面の2人の男に弄ばれる事を楽しんでいたのだ。

田舎のオンボロラブホで良かった。
オートロックでも何でもない。
ドアノブをそっとまわしドアを開ける。
またもや鼓動が高くなり口が乾き、視界はせまくなり、体が震える。
もう1つのアドの先、そこがベッドだ。
少し開いていた。
その先には美しく愛おしい私の女・カトウが横たわっているのだろう。

窓もない薄暗い部屋にそっと忍びこむ。
部屋はタバコと汗と見知らぬ男衆の精液の匂いが充満しているが
その中にまぎれもなく愛おしいカトウの淫汁の匂いも混じっていた。

丸められたティッシュがあちこちに落ちている。
射精されたコンドームが1つだけ、床に捨てられている。

カトウは入口に背を向けて横になっていた。

60代の淫棒でイキたがる美魔女系淫豚:カトウ💓



私は静かにベッドの足もとへ近づく。
私の愛する女のソコからは誰のモノとも知れぬ
白濁した粘液が垂れ出していた。
鼓動が高まり後悔と懺悔、そして得体の知れぬ興奮が私を襲う。
愛する女の首筋や乳房、太股には幾つものキスマークが残されていた。
美しい顔を覗きこみ、驚愕した。
そこには男衆の精液がこれでもかと言うほど、放出されていたのだ。

部屋の電話が鳴った。
「フロントです、電話つなぎますよ」
私が出ると「あっ!スンマセン。あのーカトウさんの携帯、
ちょと見てみてください。きっと楽しい」
私は腹が立ち電話を切った。
無言でカトウの携帯を探すとまた電話が。
「フロントです、電話つなぎますよ」
「ま、怒らないで下さいよ、
音声録音アプリみたいなのあるっしょ?聞いてみて」
私は再度、電話を切った。
言われた通りのアプリを起動し、再生すると…

sak_yarimanko00101a

カトウの悶える声や様々な卑猥な音が録音されていた。
私の愛する女が懇願する声…
「おマンコ舐めてぇ~」「もっと、もっと突いて」「しゃぶらせてぇ~」
男たちの声…
「ホラ、しゃぶれよ」「もっとケツ上げろ」「すっげー良くしまってるぜ」
ん?男の声は2人ではない?
3人?いや4人の声が…
「ホラ、デカイチンコ、キモチいいだろ?」「ヤリマンなんだよな、ヤリマン」
「彼がコレ聞いたらぶっ飛んじゃうぜ」
カトウの昇り詰める声…
「あぁ~おマンコとろけちゃうぅ」「ダメっ!イクぅ~、ぁあ~キモチいぃぃーっ!」

カトウは私に再生を止める様懇願したが私は止めなかった。
「ホラ、こっちのチンコも咥えろよ」
「マンコにも突っ込んでやるからな」
「股開け、ホラ、もっと大きく股開くんだよ」
私は苦悶と興奮で居た堪れなくなり、携帯を床に投げつけた。

「何人いたんだよ?」
「え?2人…じゃないの?あ、ごめんなさい」
「何人?」
「もう許して、ね、お願い」そう言って立ち上がろうとしたカトウを押し倒し
キスをしようとすると「ぃや、止めてよ」
「あいつらにはヤラせたのになんでだよ」そう言いながら
ズボンを下ろし、勃起した粗末棒を他人棒が何本も楽しんだ後の穴に挿入した。
〝ゆるい〟〝ガバガバにされた〟

無言でカトウをベッドに引き戻し、
乱暴に扱った。
フェラチオを強要し、それから緩くなった穴に、
ガバガバにされてしまったおマンコに乱暴に突っ込んだ。

カトウは無表情だった。
一言「苦しい?今、貴方が言って欲しい事、分かるよ…
全然キモチ良くない。あいつらの方がずっと良かった。とっとと出しなよ」

私は惨めで無意味な下僕になり下がり無言のまま射精した。

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『私は淫乱なメス豚です。私のだらしないパックリ割れたおマンコにぶち込んで私を犯して、おねがいぃ~、彼の前で犯してぇ~っ!犯してぇ~っ!』他人棒前・他人棒後のカトウ
メス豚:カトウが他人棒でしてきたこと
50歳代半ば以上のS系紳士と
30歳代後半のチョイM男性の募集です。

私と彼女の愛し合う姿をビデオとデジカメで
撮影して貰うと言うことで彼女の了解をとります。

私の誘導に従って彼女との3Pを楽しんで頂きながら
愛淫玩具を嬲り倒してみませんか?

【私の愛おしいこの淫豚を
あなたの極太淫辱棒で
嬲りまくってください】

彼女が如何に何の価値もなく人間廃業すべきかを
単なる精液処理専用便所でしかないということを
自覚させてやってください。

場合によっては嬲られるカトウを観賞しながら
自慰行為にて射精して頂ける方数名も募集するかも(^^;です。

勿論、放出して頂く白濁粘精液はカトウの
お口の中や美しい顔、場合によっては糞穴や淫穴に
ぶちまけてやってください。

日時・場所などの詳細はまだ決めていませんが
我こそは…という方はコチラまで☆彡

他人棒の宴・企画中(^^;
美魔女系淫母豚ハプニング輪姦温泉ツアー♪
あの時アノ夜よりも素晴らしい極上の瞬間
カトウに与える他人棒のプランニングや候補生(?)募集中♪
↓画像クリックでメーラーが起動します♪

その時、彼女は私の目の前で、見知らぬ男に「お願い!犯してっ!」と懇願し、自ら快楽を求めて、他人棒の餌食となった…。


★因みにこっちは単なるGallery(カトウもちょいと)★
【 ★他人棒で嫉妬★
=美魔女系淫豚vs他人棒マニア= /
美魔女系淫豚:カトウに与える他人棒
Archive-menu 】

【 私とカトウの究極の行為 】
私たちと楽しみたい皆様はご一読ください。

bbc
【 カトウ♀:初他人棒 】
  ある夏の暑い日に…①   ある夏の暑い日に…②
  ある夏の暑い日に…③   ある夏の暑い日に…④
  ある夏の暑い日に…⑤   ある夏の暑い日に…⑥

私の目の前で、この気取った雌豚を輪姦してくれませんか? 
【 カトウ♀:ハプバー体験 】
  カトウ初めてのハプバー
  2人の男の3本の指が…①  2人の男の3本の指が…②
  2人の男の3本の指が…③  2人の男の3本の指が…④
   2人の男の3本の指が…⑤  2人の男の3本の指が…⑥

他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『RyoHクン、ゴメン、あたし、この人でイっちゃうぅ~。硬くて太くて大っきいよぉ~。あぁ~キモチいぃぃぃ~っ!』
何も知らない彼女…淫豚に変貌する
 【 カトウ♀とのSEX 】
  Uと言う男とカトウ①   Uと言う男とカトウ②   
  Uと言う男とカトウ③   毎晩、しゃぶらせて…とカトウ♀は言った。
  カトウの性癖…M編①   カトウの性癖…M編②
土・日ハメまくり… 朝から粗末棒、活躍してきました。
  カトウの好きな事?   カトウの好きな事?
  昨日の出来事①   昨日の出来事②
  昨日の出来事③   中4日での出番
  カトウ♀の多面性①   カトウ♀の多面性②
  カトウ♀の多面性③   先週の金曜の事①
  先週の金曜の事②    先週の金曜の事③
  先週の金曜の事④  昨日のカトウ♀はSだった(T T) ?
  Sだったカトウ♀  妄想夢
  公園で、トビっコで2回♪    雷雨の日に

【 カトウ♀って… 】
  カトウの日記(転載)   カトウからのメール
  黒豚の日のカトウからのメール  カトウからのメール

メス豚:カトウが他人棒でしてきたこと
 【 嬉しいレス&メール 】
  カトウの画像に対するレス① カトウの画像に対するレス②
  久し振りにメールで感激しました ギャップ
【 MasterRyoh♂って… 】
  MasterRyoh♂(オイラ)の事?
   3人の男と一時的玩具“みゆき”①   
 3人の男と一時的玩具“みゆき”②
 3人の男と一時的玩具“みゆき”③
他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『Ryohクンに内緒でヤっちゃダメ?こっそり会って、Ryohクンの知らないところで、この前の彼とヤリまくっちゃったら?嫉妬する?耐えられる?やっちゃうよ、あたし。。。』
愛玩淫豚完全公開「晒し淫豚:カトウの素顔」
私の愛する他人棒専用公衆〝メス豚〟便所、
殿方専用白濁粘液処理玩具、
他人棒吸引中毒症の美しいバカ女
〝カトウ〟の素顔を公開します(^^;
他人棒の餌食・美魔女系淫母豚/カトウ♀語録:『ねぇ、毎晩、毎晩しゃぶりたい、毎晩、しゃぶらせてぇ~』
亭主の友人3人と、混浴の後、中××モナ(^^;
(Pass:7777777)

↑まだ↑まだ晒しますので
私の愛淫玩具を嬲りまくり、恥辱するお言葉をお待ちしております。
画像クリックでメーラーが起動します♪







あなたは直視できますか?
愛しい妻が、恋人が、あなたの目の前で、
初めて会った見知らぬ男たちの
複数の他人棒の餌食にされる姿を…

私の眼前で
カトウには咽び泣くほどの快楽を
私には極上の嫉妬を。。。
Show your disgraceful pussy to everyone of the world!
bitch!
Please somebody fuck me
 where watching my darling.
  Proviede sensuality and pleasure...
Give the superlative jealousy to my darling...
  And please give me to conquer...
Sir...
他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『イヤ、もぉう・・・あっ!ダメ!み、見ないで・・・あぁ、ダメ、見てっ!あたしコイツで・・・イ、またイキそう・・・』





誰か...犯して...お願い...彼の目の前で...
from 《 晒し淫豚:カトウ
【晒し淫豚:カトウとの妄想プレイ&寝取らせ温泉旅行】
他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『あの時ね、Ryohクンが隣にいたのに、2人の男に指を入れられたの、3本。あたし自然と腰動いちゃった。イかされちゃったの…』
他人棒吸引中毒症の綺麗なお姉さん


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ある日のカトウとの妄想プレイ
他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『あぁ~、おチンチンがふやけるまで、しゃぶらせてぇ。おマンコ舐めてぇ~』
ママになってもメス豚です♪
【 カトウ♀:初他人棒 】
他人棒の餌食・綺麗なお姉さん/カトウ♀語録:『 ねぇ、夜中に戻ってきて、眠ってる私を犯して!濡れてなくても無理やり突っ込んで!自分勝手にイって!私のおマンコで勝手に出してっ! 』

愛玩淫豚完全公開「晒し淫豚:カトウの素顔」

MasterRyoh♂(加藤 了)

他人棒マニア

嫉妬マニア(Pinterest)

他人棒で嫉妬(DIT) / (淫豚vs他人棒FC2)
晒しものになるカトウをご覧になりたい方は
ツイッタ―↓経由でどぉぞ。。。
他人棒マニア=Master Ryoh♂=
MasterRyohをフォローしましょう
Es Em

バナーを作成
ヤリマン・美魔女・カトウ

I'M KISSING MY LOVELY & SLUTTY WIFE
WHILE THEY'RE FUCKING HER

淫姦 カトウ①

Copyright c 他人棒で嫉妬 =淫豚vs他人棒= All Rights Reserved.

Copyright(C)2012 他人棒で嫉妬 = Jealous Penis = /
官能小説よりも淫靡に …  Allrights reserved.



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

MasterRyoh♂

Author:MasterRyoh♂
彼女が複数の見知らぬ男たちに
囲まれ、彼女自身の欲望が困惑と拒絶を超えた時、
彼女は自ら他人棒を求め、
貪欲に快楽を貪る。
美しく聡明な女性が淫靡で
官能的な公衆“メス豚”便所に
されて行く。
その姿に、私は嫉妬と愛を
超越した特別な瞬間を迎える…

最新記事
リンク
ブロとも一覧

輪姦ゼミナール・東京

~愛妻Kei~寝取られDiary

うちのM妻晒します

妄想の匣

アダルト情報サイト[エロエロ妄想族]

夫婦の戯れ//

フェラチオ大好き!エロエロ画像

OL夢華の秘めごと遊び

ミニチのブログ

妻のHな姿を晒します。

エッチな寝取られ動画まとめサイト

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

PuttaLavita

パパとママのちょっとHなライフスタイル

三咲

SM・ 調教・変態プレイグッズ専門店

赤紫の部屋
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。